【小児科医からお子さんを持つ皆さんへ】うちの子、背が低いなと思ったら

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

子どもが小学生になり、お友達と比べてうちの子って背が低いのかな?と感じているご両親もいることでしょう。

実際、お子さんの身長について悩まれているご両親も多くいらっしゃいます。

なかなか伸びないけど、このまま様子を見てもいいの?背を伸ばす方法ってあるの?今回は低身長についてお話しします。

身長が気になったらまず初めに~ ”低身長かどうかのチェック”~

“成長曲線”というグラフを見て、お子さんの身長が標準的な範囲に入っているのか、それとも低身長と呼ばれる状態にあるのかを判断しましょう。

その時点だけで判断するというよりは、これまでどんな風に背が伸びてきたかの経過も大切ですので、可能でしたらグラフをプリントアウトして、生まれてから今までの身長記録をつけてみましょう。

※成長曲線グラフは 一般社団法人 小児内分泌学会のHPをご覧ください。リンク先のページ中程にある“成長曲線を印刷する”からダウンロードできます。“男子用” &“女子用”がありますのでご注意ください。(リンク使用については小児内分泌学会承認済)

一般的に“低身長”といわれるのは、成長曲線上で身長が-2.0SD以下の場合で、およそ100人の子どもに2~3人いると言われています。

お子さんの背の伸び方が、標準(グラフの-2.0SDから+2.0SDの間)から大きく外れていなければ問題の無いことが多いのですが、その標準との差が大きい場合や、標準範囲にはおさまっているが、ここ1~2年伸びが悪くなっている場合(小学生で年間の身長の伸びが4cm以下)には早めに小児科で相談しましょう。


背が低い原因は?

グラフ上で身長が-2.0SD以下で低身長と判断され、詳しい検査をしたとしても、そういった子ども達の約90%には治療が必要な病気は見つかりません。体質遺伝(ご両親も背が低い)が主な原因です。

しかし、まれに“成長ホルモン”“甲状腺ホルモン”など、背を伸ばすことに関係しているホルモンが不足していたり、染色体や骨に生まれつきの異常があったりして、背が伸びない場合もあります。その場合には、不足しているホルモンを治療として補うことで、身長をより伸ばすことが可能になる場合があります。

また、小さく生まれたことが関係しているSGA(エスジーエー)性低身長というものもあります。SGAとは、お母さんのお腹の中にいた週数(在胎週数)における標準身長・体重よりも小さく生まれた場合のことをいいます。


そういったお子さんの90%は2~3歳ころまでには成長が追いつくのですが、追いつかない残りの10%のお子さん達はSGA性低身長が疑われます。もしSGA性低身長と診断された場合には、成長ホルモン注射での治療が可能です。


その他には、心臓や腎臓、肝臓や腸といった場所に病気がある場合や、虐待や育児放棄などが原因でも低身長になることがあります。



~受診エピソード紹介~


相談者:6歳半の男の子(第1子)を持つお母さん


来院理由:息子の背が周りの友達に比べると低く、低身長の治療ができるのかどうか知りたい。生まれた時の身長体重はともに標準範囲内だった。これまで通院するような病気はなく、現在の身長は111cm、体重20kg。


Q.お友達と比べて、背が低くて…低身長なんでしょうか。


A今の身長は111cmですね、成長曲線のグラフ上で見てみますと、ほぼ-1.0SDというライン上です。これは大まかに言うと、同じ日に生まれた100人の男の子を背の順に並べた時に、前から16番目くらいになりますよ、という意味なんです。


一般的に低身長と言われるのは、上記100人の男の子のうち、先頭から2~3番目までのお子さんになります。グラフでいうと、身長が-2.0SDのライン以下にあるということですので、息子さんの場合は低身長ではないということになります。


Q.背を伸ばすために、成長ホルモンという注射を打つ治療があると聞いたのですが、誰でも受けられるんでしょうか?


A.今の日本で、成長ホルモン注射での治療ができるのは、低身長症と診断され(身長が-2.0SD以下)、その他さまざまな検査によって成長ホルモンを使うことが有効だと認められた場合になります。


Q.身長は、このまま様子を見ていって大丈夫でしょうか?


A.お子さんの身長の経過をグラフにしてみると、生まれてからほぼ-1.0SDのラインに沿って伸びてきていますね。特に他の症状もないので、今のところは問題ありません。これからも身長の経過をグラフにつけて経過を見ていきましょう。もし-1.0SDのラインから急に反れて成長が緩やかになった場合には早めにご相談くださいね。


Q.背を伸ばすのに、良いサプリメントや食べ物はありますか?


A.残念ながら、直接、身長を伸ばす効果があると医学的に認められたサプリメントはありません。食べ物に関しては、バランスの良い食事が一番です。体の成長に大切なたんぱく質をはじめ、炭水化物、ミネラル、ビタミン、脂肪などをまんべんなく取るよう心がけることが大切です。

Q.牛乳をたくさん飲んだ方が、背が伸びると聞きますが…


A.もちろん、カルシウムを多く含む乳製品も子供の成長には欠かせません。しかし、多く摂取したからといって、より背が伸びるという訳でもないので、あくまでもバランスの良い食事を第一優先に、他には十分な睡眠、運動など、子どもが健康に毎日を過ごせるような環境作りが大切です。




カテゴリー:育児, 医師【育児】

タグ:,

1件の返信

トラックバック

  1. 【小児科医からお子さんを持つ皆さんへ】8歳向け~偏食・好き嫌い~ – お役立ち健康情報局

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。