【医療ソーシャルワーカーから皆さんへ】医療ソーシャルワーカーの役割と機能

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

医療ソーシャルワーカーとは

日本医療社会福祉協会によると、医療ソーシャルワーカーとは「保健医療機関において、社会福祉の立場から患者さんや家族の方々の抱える経済的・心理的・社会的問題の解決、調整を援助し、社会復帰の促進を図る業務を行う」と明記されています。

具体的には6つの業務を担っています。

  1. 療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助
  2. 退院援助
  3. 社会復帰援助
  4. 受診・受療援助
  5. 経済的問題の解決、調整援助
  6. 地域活動

医療ソーシャルワーカーが働く場所は主に医療機関が多いですが、患者さんやご家族が求めていることは病気の治療だけではありません。

病気になり入院が必要になると、その病気がどこまで治るのか不安を抱えます。就労している方は今後職場復帰できるか心配になります。そして生活費の問題が襲ってきます。

このように医療機関で治療するということは、病気以外に社会的な不安を多く抱えることに繋がります。

その不安や問題を丁寧に聞き、課題分析を行い、的確なサポートと必要な社会資源の提案及び調整を行います。併せて、患者さんが自己決定できるよう情報提供を行い、不安なく治療に専念することで円滑な退院となるよう支援していきます。

また、退院後の生活についても着目して支援を行います。例えば介護保険サービスを利用する患者さんに向けては、入院中から介護認定の申請や介護支援専門員との情報交換など、事前に退院後の生活を想定して生活が継続できるよう支援を行います。

医療ソーシャルワーカーは病気の治療はできませんが、病気やケガによって被る社会的な不安や退院後の生活を見据えて支援を行う「縁の下の力持ち」との役割も担っています。

医療ソーシャルワーカーと他の医療従事者との関わりについて

医療ソーシャルワーカーの業務指針の中に「退院援助」という業務があります。平成22年の診療報酬改定では「退院支援は入院早期から関わることが重要であり、チームアプローチが必要」と明記されました。

医療機関では様々な「チームアプローチ」が行われています。カンファレンスの開催もその一つです。各職種が目標に沿った評価結果を出し、退院に向けての課題分析やチームとしての目標設定を行います。

医療ソーシャルワーカーはこのような他職種から、生命予後・病態・身体機能・介助方法などの医療的情報を収集し、それらの情報を退院後の生活に転回して介護支援専門員など関係機関へ情報提供を行う役割があります。

例えば看護師には入院前の内服や健康管理を伝え、入院中に取り組めるよう促したり定着の進捗を確認したりします。またセラピストにはご家族が患者さんの状態を把握できるよう、リハビリの様子を見学できるように調整したりします。

医療ソーシャルワーカーは他職種が取り組んでいることを、退院後の生活イメージに照らし合わせて情報発信する事も行っています。

医療ソーシャルワーカーと患者さんやご家族の関わりについて

患者さんやご家族は前述した通り、医療機関に関わることで社会的な不安を抱えています。そのような状況に対して医療ソーシャルワーカーは、不安に感じていることや将来の希望などを丁寧に聞くことが求められます。

単に聞くだけではなく潜在的な不安やニーズを紐解き、患者さんやご家族と共有することで、患者さん自身が課題に向けて解決できるよう促していくことが必要です。

また、経済面や家族問題など人によっては話しにくい内容のことは多くあります。そのような問題を自然と医療ソーシャルワーカーへ語れるような雰囲気作りや信頼関係の構築なども、患者さんやご家族と関わる上で大切なスキルとなります。

患者さんやご家族が「何が課題で、どのように解決したら希望する生活に戻れるか」という退院までの道標と、退院後の生活設計を一緒に考えていくことが、医療ソーシャルワーカーとしての存在意義と考えます。

医療ソーシャルワーカーの業務により、医療者従事者や患者さんへ役に立ったエピソード

私は回復期病棟において医療ソーシャルワーカーの経験があります。回復期病棟は主に脳出血や脳梗塞、または骨折など突然病気になり、命はつないだものの、障害を抱えた状態で急性期病棟から転院してくる方を対象としている病棟です。回復期に入院してくる方の中には認知症の方も多く、退院後の生活場所が不透明なこともあります。

私が経験した支援として、一人暮らしで認知症を呈した患者さんが「どうしても家に戻りたい」と訴えていました。ご家族や他職種は「一人暮らしは難しいだろう」と言っていましたが、患者さんと地域住民との関係性が良好であったことにひとすじの光を感じました。

そこでご家族の同意のもと、自治会長や民生委員に来てもらいリハビリの様子を見て状態把握を促し、地域包括支援センターや介護支援専門員へ患者さんの「家に戻りたい」という意向を代弁しました。

そして患者さんが住んでいる公民館で医療機関・介護サービス事業所・地域住民などを集め、地域ケア個別会議を開催しました。この会議で退院後に地域住民が手分けして患者さん宅へ訪問することが決まり、自宅へ退院する運びとなりました

医療ソーシャルワーカーは、患者さんやご家族の思いをしっかり受け止め、課題だけではなく患者さんが持っている「強み」にも着目して支援することが必要な職種だと考えます。



カテゴリー:その他・予防法, 医療ソーシャルワーカー【役割と機能】

タグ:,

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。