【FPが教える!】セルフメディケーション税制のしくみや手続きとは?

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

一度は聞いたことがあるかもしれない、「セルフメディケーション税制」という言葉。

これは2017年に新しく施行した税制の一つで、ドラッグストアなどで買った特定の医薬品の購入費を所得控除できるというものです。

セルフメディケーション税制とはどいういったものなのか、メリット・デメリットを踏まえて解説していきます。

<目次>

セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーション税制の仕組みと手続き

セルフメディケーション税制のメリット・デメリットや注意点

結局どのくらい得になるの?セルフメディケーション税制を使った場合の事例を見てみよう

セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーション税制とは、2017年から始まった新しい税制です。

セルフメディケーション税制は、医療費控除の特例という位置づけをとっています。「セルフメディケーション」つまり病院にかからずに、自分で治療のため医薬品を購入した際に受けられる所得控除の制度になります。

ドラッグストア等で自己の治療のための医薬品を購入した場合に対象となり、確定申告を行うことによって税金が戻ってくる可能性があります。

セルフメディケーション税制の対象

セルフメディケーション税制の対象となるにはふたつの条件があります。

  • その年の1月1日から12月31日までに支払った、自己と生計を一にする家族が支払った対象医薬品の合計支払額が12,000円以上になること
  • その年の1月1日から12月31日までに、申請者が「健康の保持増進及び疾病の予防に関する一定の取組」を行っていること

セルフメディケーション税制対象の医薬品とは?

セルフメディケーション税制の対象となる医薬品はスイッチOTCと呼ばれています。

ドラッグストアの市販薬で、パッケージにこんなマークがついているのを見たことがありますか?

このマークはセルフメディケーション税制対象のスイッチOTC医薬品であることを示すもの。セルフメディケーション税制の対象になっているかどうかを見分けるのに役立ちます。
ただし、表示が義務化されているわけではない点には注意してくださいね。

スイッチOTCとは、医師によって処方された薬を、ドラッグストア等で購入できる薬に転用したものの中で、厚生労働省によって認定されている医薬品のこと。

有名なものだと、痛み止めに使用される「ロキソニン」や花粉症の薬として利用される「アレグラ」があります。

対象の医薬品については、厚生労働省のホームページにて公開されているので確認してみてください。

chttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html
(厚生労働省/セルフメディケーション税制(特定の医薬品購入額の所得控除制度)について)

リストは定期的に更新されていますので、確定申告の前には購入した薬のレシートと合わせて確認すると漏れがないでしょう。

セルフメディケーション税制の対象条件である「健康の保持増進及び疾病の予防に関する一定の取組」とは?

健康の保持増進及び疾病の予防に関する一定の取組とは、厚生労働省によって5項目が定められています。5項目をわかりやすくまとめました。

  1. 健康保険組合や市区町村国保等が実施する健康診断や人間ドックなど
  2. 高齢者の肺炎球菌ワクチン接種やインフルエンザの予防接種など
  3. 勤務先での定期健康診断
  4. メタボ健診などの特定健康診査
  5. 市町村が健康増進事業として行うがん検診

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000148850.pdf
(厚生労働省/租税特別措置法施行令第 26 条の 27 の2第1項の規定に基づき厚生労働大臣が定める健康の保持増進及び疾病の予防への取組(平成 28 年厚生労働省告示第 181 号) )

セルフメディケーション税制が施行された背景には、国民の健康意識を高めようという国の狙いがあります。

上記に該当する健康診断などを受けていない場合、セルフメディケーション税制は対象外となるので注意してくださいね。

セルフメディケーション税制の仕組みと手続き

セルフメディケーション税制では確定申告をすることで、税の還付が受けられます。

確定申告は申告年翌年の2月16日から3月15日の間に手続きが必要になるので、忘れずに手続きをするようにしましょう。

手続きに必要な書類とは

セルフメディケーション税制の手続きに必要な書類は、大きく3つです。

  • 確定申告書
  • セルフメディケーション税制の明細書
    ※対象医薬品を購入した際のレシートが必要です
  • 「健康の保持増進及び疾病の予防に関する一定の取組」がわかる書類

特に対象医薬品を買った際のレシートは、必ず5年間保管するようにしてください。税務署が明細書の確認のため提出を求めることがあるからです。

「健康の保持増進及び疾病の予防に関する一定の取組」がわかる書類については、控除を受ける人が受診した健康診断等の領収書や検診結果コピーの提出が求められます。

取り組みをした人の名前・取り組みを受けた年月日・保険者や事業者、受診医療機関の名前がわかることが条件です。

セルフメディケーション税制のメリット・デメリットや注意点

対象医薬品12,000円購入という、比較的低いバーで税の控除が受けられるセルフメディケーション税制。

そのメリットはなんといっても、多くの人が対象になれる可能性を持っていることでしょう。

特に、普段からドラッグストアの風邪薬や抗アレルギー薬を使用している人は必ずチェックすべき制度です。1年間での家族の医薬品購入額が12,000円を超えることは少なくないのではないでしょうか?

セルフメディケーション税制のデメリットは、レシートの保管や確定申告の必要があるなど、多少の手続きが必要になる点です。普段確定申告をしていないサラリーマンの方などは、面倒に感じる部分があるかもしれませんね。

また、セルフメディケーション税制は医療費控除と同時に受けることはできません。医療費控除を受けられる場合は、どちらの控除を受けるかを選択する必要がありますので、ご注意ください。

結局どのくらい得になるの?セルフメディケーション税制を使った場合の事例を見てみよう

セルフメディケーション税制では、12,000円を超えて購入した対象の医薬品に対して税率をかけた額が控除の計算が行われます。

具体的な事例をあげて、控除額を見ていきましょう。

年間所得500万ほどの家庭で、生計を一にする家族が年間で支払った対象医薬品が合計で25,000円だった事例です。

25,000円(対象医薬品購入額)-12,000円(セルフメディケーション税制の基準額)×20%(課税所得600万のときの所得税率)=2,600円

けして大きな額ではないものの、2,600円の還付が受けられれば家族の外食等にあてることができて嬉しい臨時収入ですよね。

まとめ

セルフメディケーション税制は手続きの手間はあるもの、レシートと健康診断の結果を保管していれば難しい手続きではありません。

忘れていた!知らなかった!ではもったいないですよ!せっかくできた新しい制度。確定申告がきたらもれなく手続きし、損の無いようにしましょうね。



カテゴリー:お金・保険関係, ファイナンシャルプランナー【お金・保険】

タグ:,

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。