【細菌学者が解説】酵母菌〜アルコールを始めとする発酵にまつわる情報〜

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

※運営よりお知らせ:記事を簡潔に掲載する都合上、専門用語の解説は少なめになっています。気になる言葉を左クリックを押したままなぞり、右クリックで検索をかけることができますのでその方法をご利用ください。

酵母菌と聞くと何を思い浮かべるでしょうか?

パン・ビール・ワインなどを発酵させるときに使われますよね。

そんな酵母菌ですが、実は私たちの健康にも良い影響をもたらしてくれます。

今回は、「健康に役立つ酵母菌」について解説していきますね。

具体的には、

  • 酵母菌について
  • 酵母菌が持つ栄養素と健康効果
  • 酵母が身体に悪影響を及ぼすこともある⁉

の順番で紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

酵母菌について

酵母菌について解説していきます。

酵母菌の特徴

酵母菌は直径5~10µmの単細胞生物ですが、人間と同じように細胞内に核をもっている真核生物です。

糖をアルコールと二酸化炭素に変える「アルコール発酵」を行って、酵母菌は生命活動に必要なエネルギーを作っています。

私たちが普段口にするお酒やパンはこの「アルコール発酵」の働きが利用されています。

一つの細胞に生きていくのに必要な成分が全て含まれている

酵母菌は単細胞生物なので、一つの細胞の中に生きていくのに必要な成分・栄養素が含まれています。

さらに、人間と同じ真核生物で細胞内の生命活動が似ていることから、酵母菌は栄養の補給を目的としたサプリや薬として使われています。

また、酵母菌を使って人の病気を解明する研究にも頻繁に利用されるなど、酵母菌は様々なところで私たちの生活に役立っています。

酵母菌が含まれる食品

酵母菌が含まれる食品には以下のようなものがあります。

  • アルコール飲料(日本酒・ビール・ワイン)
  • 調味料(味噌・醤油・酢・みりん)
  • キムチ
  • チーズ
  • パン

食品を見てみると、日本食に関係が深いことがわかりますね。
味噌や醤油のコク・うま味・香りも酵母菌のおかげです。

私たち日本人は知らず知らずのうちに、酵母菌の恩恵を受けていることがわかります。

酵母が持つ栄養素と健康効果

酵母菌が健康に役立つ理由は、栄養素やうまみ成分が細胞内に詰まっているからです。

具体的な栄養素は以下のとおり。

  • ミネラル
  • アミノ酸
  • 核酸
  • ビタミン
  • 食物繊維

順番に見ています。

ミネラル

酵母には、カリウム、リン、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。
これらは血圧の調整や神経伝達など、私たちの体を円滑に働かせてくれます。

アミノ酸

酵母には必須アミノ酸9種類が全てが含まれています。
また、グルタミン酸などうま味成分も豊富に含まれています。

核酸

核酸は細胞分裂を円滑に行い、新陳代謝を活発にするのに栄養素です。
うま味成分でもあるイノシン酸やグアニル酸(核酸の一種)も多く含まれています。

ビタミンB群

ビタミンB群は食べ物からエネルギー効率よく生み出し、疲労回復にもつながります。
酵母には特にビタミンB1・B2・B6、葉酸が豊富に含まれています。

食物繊維

酵母の細胞壁には食物繊維の一種であるβグルカンやマンナンが含まれています。
βグルカンは、整腸作用・免疫力の向上など様々な効果があります。

酵母から得られる健康効果

酵母を摂取することで、期待される効果が以下のとおりです。

  • 糖質吸収の抑制
  • 便秘の改善
  • 免疫力の向上
  • 疲労回復

酵母菌は、糖を利用してエネルギーに変えるので、食事で摂取した糖を人間が吸収する前に吸収してくれます。

結果として、糖質を過剰に吸収することがなくなり、糖質吸収を抑制してくれます。

また、上記で紹介した食物繊維やビタミン栄養素を含むことから、「便秘の改善」「免疫力の向上」「疲労回復」の効果があります。

酵母が身体に悪影響を及ぼすこともある⁉

酵母菌は、今まで解説したように普段はバランスよく生息して、腸内環境を整えたり、免疫力を高めたりして私たちの健康大きく関わっています。

しかし、極端な疲労やストレス、胃腸の病気になって、身体のバランスが崩れると、今までは悪影響を及ぼさなかった感染症を引き起こすことがあります。

ちなみに、この感染症のことを日和見感染といいます。

日和見感染は体内にいるあらゆる微生物が引き起こしますが、酵母菌の場合だとお酒を飲んでいないのにも関わらず、血中のアルコール濃度が上昇することがあります。

酵母は発酵の過程で、「糖」を取り込み、「アルコール」と「二酸化炭素」を排出しますね。

特にアルコール発酵能力の高い酵母菌が体内に存在すると、食事で米やパン・果物で糖分を取り入れるときに、急速にアルコールを作り出します。

結果として、作られたアルコールが血液中に巡り、消化管で吸収されて、お酒を飲んでいないのに、酔った状態になります。

症状が酷い場合だと、酩酊状態にまでなってしまうケースもあります。

発症した報告はあまり多くなく、あまり知られていない病気なので、見過ごされている可能性があります。

食後に原因不明のめまい・吐き気などの症状がある方は、真菌症を専門とする病院に一度見てもらいましょう。

まとめ:心身ともに健康を目指しましょう

今回は、「健康に役立つ酵母菌の情報」について解説しました。

酵母菌は、便秘改善や免疫力を向上してくれたり、私たちの健康に良いことをしてくれる反面、日和見感染してしまうこともあります。

酵母が体に良いからというだけで、発酵食品をたくさん取り入れるのでなく、バランスの良い食事・ストレスの少ない良好な人間関係・適度な運動といった心身ともに健康を目指すことが大切です。

ぜひ、参考にしてくださいね。

最後までありがとうございました。



カテゴリー:生物学者【真菌】, 感染症

タグ:, , , ,

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。