【あん摩マッサージ指圧師が教える】オイルマッサージの効果の体験談と危険性

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

※運営よりお知らせ:記事を簡潔に掲載する都合上、専門用語の解説は少なめになっています。気になる言葉を左クリックを押したままなぞり、右クリックで検索をかけることができますのでその方法をご利用ください。

肌にも心にも効くオイルマッサージ。
リラクゼーション施設でオイルマッサージを受けたことがある人も多いのではないでしょうか。
アロマオイルの香りをディフューザーなどで楽しんでいる人も多いと思います。

女性に人気のオイルマッサージですが、男女問わず素晴らしい効果が期待できます。
今回はオイルの種類やオイルマッサージの効果についてお伝えします。

オイルマッサージの効果

オイルマッサージは、マッサージの手技アロマオイルの成分による相乗効果が期待できます。


あん摩や指圧は原則として心臓から手足の先に向かって(遠心生)施術していくのに対して、
マッサージは手足の末端から心臓に向かって(求心性)行うのが基本です。

オイルマッサージは次の5つの効能が期待できます。
 ①緊張した筋肉をゆるめる
 ②血液やリンパ液の循環をよくする
 ③体の末端などに溜まってしまった体内毒素の排出を促す
 ④心のストレスや緊張を解きほぐす
 ⑤免疫力を高める

オイルを使用してマッサージを行うことで、精油の分子が経皮的に吸収されます。
オイルは植物性なので(一部例外あり)、マッサージで皮膚に刷り込まれたオイルは全て体外に排出されます。
基本的には3〜6時間で体外へ出ていくと考えられています。
健康でない人の場合は、半日以上(14時間ほど)かかると言われています。

オイルマッサージの禁忌


以下の場合にはオイルマッサージを受けないようにしましょう。
・発熱時
・生理時
・持病のある場合→医師の了解をもらう必要あり
・皮膚疾患(湿疹、アレルギーなど)がある場合
・授乳中
・妊娠中
(※)

(※)特に妊娠初期はマッサージは控えた方がよいです。
安定期に入ってからは、医師の指示のもと専門施設でマタニティマッサージを行う場合もあります。
また、アロマオイルは性ホルモンに影響を与えるものもあるので、必ず医師の許可を得て、専門的知識のあるマッサージ師に施術してもらいましょう

オイルの種類:キャリアオイルとエッセンシャルオイル

オイルマッサージでは、キャリアオイルエッセンシャルオイル(アロマオイル・精油)をブレンド(調合)して使用します。
そのブレンド具合は、身体の状態に合わせて変わります。


目安として、キャリアオイル20mlにエッセンシャルオイル1〜2滴をブレンドすると1%の濃度となります。
塗布箇所にもよりますが、通常0.5%〜2%くらいの濃度のオイルを使用することが多いです。

◇キャリアオイルの種類


◆グレープシードオイル◆
ブドウの種子が原料。
軽くさっぱりとした質感でよく広がるので広範囲のマッサージに適する。
刺激が少なく、保湿効果が高い。敏感肌や乾燥肌にも使える。
ビタミンEを多く含んでいるので参加しにくい。

◆スイートアーモンドオイル◆
バラ科の植物スイートアーモンドの種子の中の仁が原料。
身体へのマッサージに最もよく使われる。
ベビーマッサージにも使用可能。
皮膚への浸透率が高い。
ビタミン・ミネラルを含む。
低温でも固まらない。

◆ホホバオイル◆
ホホバの種が原料。
化学構造が人の皮膚の油性分泌物に近い。
顔や全身のお手入れにもよく利用される。
10度以下で固まる。

◆セサミオイル◆
ゴマを低温圧縮してとれるオイル。
酸化しにくい。
インドのアーユルベーダ医学でよく利用される。

◆ローズヒップオイル◆
バラ科ローズヒップの種子が原料。
必須アミノ酸であるリノール酸とリノレン酸が多く含まれている。
ビタミンCも含まれる。
ネイティブ・アメリカンの歴史の中で、傷や火傷の治療にも使われてきた。

上記以外にも、アプリコットカーネルアボカドなどからとれるオイルもあり、種類が豊富です。
加熱されておらず、無農薬で栽培されたものが原材料となっているオイルが良品です。

◇エッセンシャルオイル(アロマオイル)の種類


◆フローラル系◆ バラ、ゆり、ラベンダーなど
◆ハーブ系◆   ミント、ローズマリー、バジル、オレガノなど
◆柑橘系◆    オレンジ、グレープフルーツ、はっさく、文旦、ゆずなど
◆スパイス系◆  うこん、こしょう、ナツメグなど
◆樹木系◆    ユーカリ、ジュニパーベリ、白檀、ひのきなど
◆樹脂系◆    松脂など
◆動物系◆    麝香鹿(ジャコウジカ)など
◆オリエンタル系◆イランイランなど

同じ系統の精油を混ぜて使用することも多いです。
匂いを嗅いで、その日の気分にマッチする精油をチョイスして使用するという選び方もあります。

オイルマッサージを受けた体験談


私は、ラベンダーとローズマリーの香りが好きなので、この2つを混ぜたアロマオイルと、スイートアーモンドのキャリアオイルをブレンドしたオイルを使って、フェイシャルとボディのマッサージを受けました。

皮膚をオイルに塗るまえに、ホットタオルでマッサージするところを温めてから始まりました。
マッサージ中は、とにかく「気持ちいい〜」のひとことです。
自分の呼吸に合ったスピードでマッサージしてくれるので、いつのまにか寝てしまっていました。

マッサージ後はどうだったかというと、全身の肌がすべすべになったのはもちろん、足のむくみがとれて、ひとまわり細くなったように感じました。
お腹も引き締まった感じ(!?)がしました。


顔はリフトアップとフェースラインがシュッとなり、数日間保湿効果が実感できました。
あと、目がぱっちりしてマッサージ後は視界が明るくなったように感じました。

好きな香りに包まれる至福のひととき。
疲労回復むくみ改善肩こり頭痛不眠にもよいですよ!
是非一度、アロマオイルマッサージを体験してください。

ライター名(ランサーズ名):nejimakidori

<経 歴>

平成16年薬剤師免許取得。

平成29年鍼師・灸師・あん摩マッサージ指圧師免許取得。

調剤薬局に15年以上勤務。鍼灸あん摩マッサージ指圧師免許取得後は、薬局と鍼灸指圧治療院でダブルワークをしていました。

現在は漢方薬を扱う薬局でフリーランス薬剤師をしながら、ライターをしています。

温故知新の精神で主に東洋医学分野の記事を書いています。

東洋医学を通して学んだ知恵や知識を、現代の生活やみなさんの健康に役立つ情報として発信していきたいと思っています。



カテゴリー:あん摩マッサージ指圧師【マッサージ】, その他・予防法

タグ:, , , ,

1件の返信

トラックバック

  1. 【あんまマッサージ指圧師が教える】美顔鍼とは?〜表情筋(顔の筋肉)のたるみを和らげる〜 – 健康の泉

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。