【看護師監修】短期間の急な体重減少と便の変化は大腸癌のサインかも!

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

はじめに

最近、便が真っ黒いし、便秘したり下痢したりを、繰り返してるんだよ。

体重もなんだか減ったみたいだし、クラクラしているよ。

という症状に悩まされているあなた。

便が黒いのは、消化管のどこかからの出血を疑う、大切な情報のひとつなんですよ。

便の状態が変わるのも大腸の一部が変化してるサインかも。

この特徴的な主症状の原因、大腸癌について説明していきますね。

大腸癌とは

大腸(結腸、直腸を総じて大腸という。)から発生する悪性腫瘍です。

50~70歳代に多く、60歳代にピークがあります。

大腸癌は早期癌と進行癌に分けられます。

癌発生の要因としては、遺伝的要因や食生活などの環境因子が関係しています。

大腸癌の症状とは?

・早期大腸癌の場合
早期大腸癌は症状に乏しく、無症状か便潜血検査陽性で

健診などで指摘されるケースが多いです。

・進行大腸癌の場合
進行大腸癌は、腹痛、腹部膨満感、便秘、下痢、血便、便が細くなったり

おならが出なくなります。

受診して直腸の診察で医師が指診をすると、腫瘤が触れます。

また、採血データで貧血状態を呈し、大腸癌腫瘍マーカーのCEA,CA19-9の上昇がみられます。

内視鏡検査や注腸造影検査での異常所見で大腸癌が発見されます。

腹部造影CT検査で、肝臓に肝転移の所見が見られ、大腸癌が発見されることもあります。

どんな治療をするの?

大腸癌が大腸の壁にどれくらい入り込んでいるか

また、癌が大きな血管の血流にのってしまい、全身に運ばれ

好発部位で転移癌として発見されることもあります。(遠隔転移)

転移があるかないかで治療方針が決まります

早期癌や遠隔転移のない進行癌の場合では、内視鏡下手術か、開腹手術が行われます。術後には化学療法が必要になる場合があります。

進行癌であり、遠隔転移がある場合は、手術と化学療法を併用して、治療することがほとんどでしょう。

手術後に人工肛門という肛門の代わりをするアプローチを取る方法もあります。
また、手術が難しいくらい腫瘍が広がっている場合には、緩和治療があります。

全てにおいて、患者様、ご家族と相談し、全身状態を見極めて
治療方針が決定されていきます。

大腸癌疫学

大腸癌の死亡者数は、年々増加傾向にあります。

2014年には胃癌を抜いて2位となりました。

罹患・死亡者数ともに男性が多く

そのうちの結腸癌では男女差がないものの

直腸癌では男性が多く、女性の2倍多い結果になっています。

今日、10人に1人が大腸癌になると言われています。

脂肪や肉類が多いことや喫煙アルコール多飲などの食生活が

大きく関わっているとされています。

野菜や果物の摂取や、定期的な適度の運動を心がけることが大切です。

看護師としてのアプローチ

健診で便潜血陽性になって、大腸内視鏡を初めて行うという方は割と多く

確定診断として大腸内視鏡を行うので

大腸疾患の方の多くの方が通らざるを得ない道と言えます。

この大腸内視鏡というのは、胃部内視鏡と違って、前処置と言われる

自宅で行ってきてもらう処置の過程がとても大変なのです。

大腸を空っぽにしてしまわないと、大腸の壁が良く見えないために行います。

2、3日前から繊維質の多い食事は控えてもらい、前日に下剤を飲んで

翌朝には、お薬にお水2リットルを入れて混ぜたものを

2時間かけて飲みます。

その間たくさん便はでますので、トイレとお友達状態になります。

みなさん到着され、大変でしたとおっしゃります。

この下剤の処置は、腸に負荷がかかることで

おきる合併症の不安もあります。

大腸内視鏡の検査の予約をとる際には、腹痛の症状があるのに

頑張ってお薬を飲んでしまう、といったことがないよう

きちんと説明を行うようにしています。

異常時にはいつでも病院に連絡してもらうことが肝心なので

いつ電話しても大丈夫だと思ってもらえる雰囲気を与えられるよう

安心感を与えられる、穏やかな声かけをするよう努めています。

人口肛門をつくった後の管理で訪問していました

大腸癌で人工肛門を増設した70代女性です。

当時、訪問看護で週1回のお宅に訪問させていただき

手術後の人工肛門管理で関わらせていただきました。

人口肛門とは、大腸の途中で癌があった場合、その先の大腸が使えないか

一時的に腸を休める目的で、肛門の役割をお腹に穴をあけて

そこから排便させるという働きを持つものです。

お腹の壁にあけた人工肛門には、ビニール製の袋(以下パウチ)をつけて

そこに便が出るようになります。

たまったら袋から便をだしたり、袋は定期的に交換できるようになっています。

その大腸の出口のサイズが、手術後少し変化するので、経過観察が必要なのです。

その方は人工肛門になったことで、匂いが気になり、処置に手間取り

外出がおっくうになってしまいました。

しかし、今の世の中いろいろ進歩してます。

パウチの袋が消臭だったり、飲むと便の匂いがバラの匂いになるサプリがあったりします。

週一回の訪問看護でいろんな悩みをうちあけてくださいました。

徐々に外出の機会も増え、次第に元気に生活されるようになりました。

まとめ

大腸癌は進行具合により、化学療法が必要で髪が抜けてかつらが必要になったり

人工肛門の増設で外出自体が苦痛になってしまったりと

その都度、ボディイメージの変化に悩まされる病気の側面があります。

しかし、そういった悩みを持つ方はいっぱいいらっしゃり

そのためのサポートやグループも多数存在します。

その手を握りかえそうとする手があることを、知っていてくださいね。

健診で便潜血が発見されたら、忘れず、大腸内視鏡検査を受けてくださいね。

ライター名(ランサーズ名):chielly

<経 歴>

42歳女性です。3歳の子供と夫の3人暮らしです。

看護師として働いて16年以上になります。

現在は、看護師として週1回のパート勤務をしながら、ライターとしての活動を中心としています。

妊活と長い不妊治療の末に子供を授かった経緯から、漢方や鍼灸治療などを活用した、妊活の多様な経験があります。

ライターとして読み手にわかりやすく、喜怒哀楽や温度の伝わる記事を書いていく事が夢です。






カテゴリー:, 看護師【癌】

コメントをして情報共有しませんか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。