【ep38】突然発症!痒い!長く続く蕁麻疹【アレルギー?それとも…】

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

蕁麻疹とは?

蕁麻疹は、蚊に刺されたように皮膚が盛り上がり、しばらくすると跡を残さず消えることが特徴の疾患です。

私も蕁麻疹を発症した最初の頃は虫刺されかな?と思うほどでした。
ただ通常の虫刺されとは違い、赤みがあり、また小さいわりに強い痒みを感じるので、何か違うと感じるでしょう。

大抵の場合、蕁麻疹は数分~1日の間に治り人にうつることはありません。

蕁麻疹が起こる理由としては、食べ物などによるアレルギー反応衣類などの締め付け汗をかくことも挙げられます。

その多くが、原因がはっきりと分からないとされています。
直接的な原因が分からないので、私も長くもやもやとした気持ちを抱えていました。

また、蕁麻疹はストレス疲労体調不良などによって悪化する場合もあります。
このため、長期的に続く場合は医療機関を受診すべきでしょう。

蕁麻疹に気付く

私が蕁麻疹の症状に悩まされたのは20代後半の頃です。
この頃、私は今までと異なる業種への転職をしたばかり。

ある日、仕事中に腕あたりに強い痒みを感じました。ふと見ると蚊に刺されのような皮膚の盛り上がりが…。

この痒みはなかなか引かず、むしろどんどん強くなっていきます。

自宅へ帰り着替えようと服をめくると、腕だけでなく衣類が締め付ける箇所が真っ赤になっており驚愕!

ひとまず市販のかゆみ止めを塗ったところ、しばらくして痒みは軽減していきました。
しかし、この日から仕事中に体が痒くなることが増え、なかなか治らないこの痒みに違和感を抱くようになったのでした。

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

痒みが出るようになってから、一番に疑ったことはアレルギーです。
今までアレルギー症状を感じたことはありませんでしたが、何か持っているのかも?と思い、しばらくは食べたものをメモするようにしました

しかし、食べたものに関係なく痒みは現れます。

蕁麻疹は身体のあちこちに現れるけれど、しばらく経てば跡もなく消えるのです。
現れる場所は決まっておらず、強いて言えば衣類の締め付ける部分が一番痒くなるように思いました。

蕁麻疹が出始めた時、最初は病院へ行こうと思いました。
しかし、症状が受診時に出ているとは限らず、なかなか行動に移ることができませんでした。

蕁麻疹との戦い…

当初は市販の塗り薬を使用していましたが、日が経つにつれ痒みのある部位はどんどん広範囲に…
片腕だけだった範囲が両腕に広がり、足には出ないと思っていたら足全体にも現れました。

それに合わせて塗り薬の範囲も広がったため、洋服もベタつき困ってしまいました。

それを解決するため、ドラッグストアで見つけた錠剤タイプのかゆみ止めを購入して試すことにしました。

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

痒みが広範囲になった頃から、仕事へ行く前から帰宅するまでずっと痒い状態が続くので、長時間効果が続く錠剤タイプのかゆみ止めは非常に助かりました。

しかし、たまに薬を飲み忘れてしまうと居ても立っても居られないくらい痒くて辛かったです。
ぼりぼりと体を掻きむしりたいのに、他人の目があると思い切りできません
薬を急いで飲みますが、効果が出るまでしばらくかかります
効果が出るまで我慢できない時は、お手洗いで人知れずかきむしることも多々ありました。

仕事帰りに薬の効果が切れた時は一番症状がひどく、全身が真っ赤になり、表面はボコボコ盛り上がっていました。

しかも熱を持っているのです。

その熱は、帰宅してすぐに冷水を浴びたいと思うくらいで、冷水を浴びると何となく落ち着くような気がしました。

ようやく病院を受診。蕁麻疹の原因は?

半年以上蕁麻疹の症状が続いた頃、市販薬ではもう無理だと感じ、ようやくかかりつけの病院を受診しました。

フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

病院では血液検査も行いましたが、蕁麻疹の原因は分かりませんでした。

抗ヒスタミン薬を処方してもらい、様子を見ることになりましたが、その後数か月間服用しても薬が切れれば症状は現れるという状況が続きました。

病院では原因は分かりませんでしたが、自分の中では蕁麻疹の原因はストレスなのではないかと考えています。

というのも、仕事のある日は痒みがあるのに、休みの日には全く痒みを感じないのです。

その後、仕事を辞めるまで蕁麻疹の症状は続き、薬の服用もやめられませんでした。
退職してからも時折痒みが出ることがあり、しばらくはその症状に悩まされました。

現在、蕁麻疹が出ることはありません

疲労を感じた時やストレスを感じる時に蕁麻疹が現れた時のようなむずむず感を抱くことがあります。
ただ、それはすぐに治まり真っ赤に盛り上がることもないので、今は薬も服用せず安心して毎日を過ごせています。

同じ症状を抱えている人へ

現代社会はストレスだらけで、同じように仕事中痒みを感じている人も少なくないでしょう。
気付かずに疲労感やストレスを溜めこんでいる人も多いと思います。

私の場合、根本的な原因は分かりませんでしたが、転職した環境の変化によるストレスや疲労が影響を及ぼしたように感じます。
自分では気づいていない内にストレスや疲労を溜めてしまっていたと、その後反省しました。

同じような症状を抱えている方も、長期間続くのであれば病院を受診すべきです。

また、ストレスをため込みすぎず、ゆっくりと体を休める時間を作ってあげてください。



カテゴリー:体験談

0 0 votes
Article Rating

コメントをして情報共有しませんか?

1 Comment
Inline Feedbacks
View all comments
木村彰男
木村彰男
6 months ago

ファイザーのワクチンの最初の有害事象が蕁麻疹でしたね。

この記事の場合は仕事のストレスにより皮膚が悲鳴を上げたのかもしれません。
不安症の一種と思われますので、もしかしたら抗不安剤を飲んでいたら仕事を辞めなくても済んだかもしれません。それはあくまで予測ですので、ストレスの原因を取り除けるならそれにまさる治療はありません。

同じように皮膚科で原因不明の蕁麻疹で、仕事のストレスが原因と考えられる場合には(この記事のように休みの日には症状が軽くなるあるいは無くなるケース)精神科か神経内科で、ストレスがなくなると症状が消えるということをしっかり伝えたれば抗不安剤が処方されると思います。

抗うつ薬を処方する精神科の医者もいますが、即効性がないので、効果がでるまで、2から4週間かかります。ので私としてはお勧めではありません。

Last edited 6 months ago by 木村彰男
1
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。